男性不妊を改善して自然妊娠してみせる、精子を増やす、運動率を上げる

去年、男性不妊、乏精子症と診断されました。男性不妊の情報や改善するためにやっていることを紹介するブログです。

私の男性不妊の改善の方法と現在

male-infertility2

男性不妊が発覚したきっかけ

妻が30歳、私が42歳、私が高齢だったため、妻は結婚してすぐ子供を望んでいました。

妻はある程度の知識を持っていて、まずは自分達できるタイミング法を始めました。

しかし半年たってもできず、そのとき私は不安に思っていませんでしたが、妻は会社の同期たちが次々妊娠しているの焦っていました。

妻は結婚する前にブライダルチェックでひと通りの検査をしたみたいで問題がなかったので私の方に問題があるのではないかということのなり、有名な泌尿器科を訪れました。


精液検査の結果


精子量:6ml
精子濃度:約3400万個/ml
高速直進運動精子:9.3%
精子自動性指数:59点

先生には受精能力の高い「高速直進運動精子」の割合が9.3%、生殖可能な精子をあらわす「精子自動性指数」が59点と、それぞれ正常値より低いので、生活習慣の見直しと再検査をいいわたされました。

そのときは正直ショックでした。インターネットで調べて(参考サイト:男性不妊の改善)体調などで検査結果などが変わるというのは知っていたのですが、実際数字に出るとショックが大きかったです。

また妻に検査結果を伝えたときの妻の顔をみると、「やっぱり原因はあなただったのね」という顔でした。

そういうことからまた同じ結果がでたらどうしようかと思って再検査にはいけませんでした。


排卵日ED、射精障害に


それからというもの妻は排卵日になると生卵を食卓に並べ、ベッドサイドには妊娠にいいとされる精力剤が準備されていて、色気も何もありません。

あまり露骨にプレッシャーかけられると、ソノ気にもなれず、思いつめた妻の顔を見るのがつらくなってきて排卵日の日出来ないEDになってしまいました。

これはいけないと思ってバイアグラを購入、効果てきめんだったのですが、今度は中で射精できない射精障害に、妻には射精したふりをしていましたが妊娠できるわけではないので、妻が不妊治療クリニックに行くことを提案してきました。

再び精液検査がある、嘘がばれる、こののままではいけないと思い体質改善を決意、いろいろインターネットで調べてまずは大好きな酒をやめました。

それから仕事の量を減らして、睡眠時間を増やす。風呂はシャワーだけ、食べ物は昼のコンビニ食をやめ野菜を食べるなど。

またインターネットで調べて必要な栄養素でかつ不足がちな栄養素で精子にいいのは亜鉛とコエンザイムQ10だということをつかみ、両方とれる男性用妊活サプリメント マイシード-亜鉛配合-for Menを購入。

>>男性用妊活サプリメント マイシード-亜鉛配合-for Menはこちら

精子の改善は3か月後だったので何とか時間を稼げないかと思いましたが、妻が行こうとしていた不妊治療クリニックの予約が4か月後しかできなきなかったのでなんとかなりました。

このときはもう妊娠できるより、精液検査の結果をよくすることばかりを考えていました。

そんなこんなで3か月後、クリニックに行く前に再び泌尿器科に、


再検査の結果は

精子量:3ml
精子濃度:約5100万個/ml
高速直進運動精子:37.2%
精子自動性指数:216点

先生には十分に自然妊娠が可能と言われました。モニターを見ただけでも元気に直進する精子がたくさんいて、正常範囲だとわかるそうです。

データ上も精子の数も問題なく、動きの速い精子も多くいるそうです。この結果に妻は泣いて喜んでいました。まだ第一歩で妊娠してはいなけど、努力してくれたことが嬉しかったようです。私の気も晴れたし、嬉しかったです。

まだ射精障害は改善していませんがこの結果で自信を取り戻せたような気がします。

さあ次は不妊治療クリニックです。



EDの薬の種類、バイアグラ、活力サプリ

vaiagura

EDは薬物治療で改善します

排卵日に限って元気が出ない「排卵日ED」の男性は少なくありません。精神的なプレッシャーが原因として考えられますが、こうした場合にもED改善薬が有効です。

現在、使用できる薬は3種類あって、それぞれ特徴が異なるので、自分のライフスタイルに合ったものを選びましょう。

バイアグラ
バイアグラ(1錠1500円)は服用後1時間で効果があらわれ、5~6時間持続します。食後こにのむと効かないので、必ず空腹時に服用を。

レビトラ
レビトラ(1500円)は服用後20~30分で効果があらわれ、5~6時間持続します。空腹時に服用を。

シアリス
シアリス(1800円)は36時間効果が持続するため、服用のタイミングを気にする必要はなく、夜にのめば2晩もつので、週末の2晩続けてセックスするなら1錠ですむので割安とも考えられます。 

ちなみに、ED改善薬はインターネッ卜などでも簡単に入手できますが、個人輸入による偽薬が多く、有効成分が入っていないことも。医療機関で処方してもらうのがいいと思います。

■バイアグラの副作用がEDのお守り代わりに活力サプリメント

男性は一度や二度うまくいかなくても、まったく気にすることはありません。そんなことは、誰にでもあります。

でも、それが何度も続くのはまずい。「もし、今度もうまくいかなかったら……」という不安から、余計プレッシャーを感じてしまうからです。

また、EDの状態が長く続くと、回復にも時間がかかることが多いです。勃起しにくいことが問題ならば活力サプリメントに頼りましょう!  

話題のEDサプリはこちら

男性不妊の検査 問診

page


問診は質問の聞き漏れがないようにするために、質問用紙に記入にします。

画像は私が通っているクリニックの問診票です。

そして、問診票を確認しながら、話が進んでいきます。

問診票は以下のことがきかれます。


●夫婦の名前、年齢、血液型。

●職業が不妊症の原因になっていることもあるので、夫婦の具体的な職業(高温環境、塗
装、農業、溶接など)。

●夫の身長、体重。

●結婚期間と実際に子どもを希望してからの期間(不妊期間)。

●妻の妊娠・分娩歴。

●再婚の場合には、以前の結婚期間中の子どもの有無。

次に、今までにかかったことのある病気などについてもきかれます。
●おたふくかぜ

●精巣の手術の有無(停留精巣〈睾丸〉、陰嚢水腫、精巣捻転症)

●精巣上体炎(副睾丸炎)

●鼠径ヘルニアの手術

●前立腺炎

●脳外科疾患(下垂体腫瘍)

●腹部の手術歴(直腸の手術など)

●糖尿病

●交通事故(脊髄損傷や陰茎変形症)

●血液透析

また、抗ガン剤による治療や放射線治療を受けたことがあるかについても聞かれます。

現在飲みつづけている薬があるかどうかと、その種類について聞かれます。

不妊症の原因とされているホルモンであるプロラクチンを上昇させる薬物(一部の胃薬や心療内科から処方されている薬)や、潰瘍性大腸炎の治療薬であるサラゾピリンを服用していると、精子のつくられる過程が影響を受けるみたいです。

さらに、1日あたりの喫煙本数、飲酒の有無についても聞かれます。

喫煙は精子をつくる造精機能に影響するといわれています。また、過度の飲酒(1日1
升以上)も影響を与えるといわれています。

>>男性不妊の検査はこちら