男性不妊専門医が不妊治療や男性不妊の原因について紹介するブログです

北九州の病院の泌尿器科で働く男性不妊専門医です。日本でも徐々に認識が高まりつつある男性不妊症。男性不妊の治療法や原因についてブログで紹介していこうと思います。

北九州の病院の泌尿器科で働く男性不妊専門医です。よろしくお願いいたします。

EDの薬の種類、バイアグラ、男性不妊のサプリ

vaiagura

EDは薬物治療で改善します

排卵日に限って元気が出ない「排卵日ED」の男性は少なくありません。精神的なプレッシャーが原因として考えられますが、こうした場合にもED改善薬が有効です。

現在、使用できる薬は3種類あって、それぞれ特徴が異なるので、自分のライフスタイルに合ったものを選びましょう。

バイアグラ
バイアグラ(1錠1500円)は服用後1時間で効果があらわれ、5~6時間持続します。食後こにのむと効かないので、必ず空腹時に服用を。

レビトラ
レビトラ(1500円)は服用後20~30分で効果があらわれ、5~6時間持続します。空腹時に服用を。

シアリス
シアリス(1800円)は36時間効果が持続するため、服用のタイミングを気にする必要はなく、夜にのめば2晩もつので、週末の2晩続けてセックスするなら1錠ですむので割安とも考えられます。 

ちなみに、ED改善薬はインターネッ卜などでも簡単に入手できますが、個人輸入による偽薬が多く、有効成分が入っていないことも。医療機関で処方してもらうのがいいと思います。

■バイアグラの副作用がEDのお守り代わりに男性不妊専門のサプリメント

男性は一度や二度うまくいかなくても、まったく気にすることはありません。そんなことは、誰にでもあります。

でも、それが何度も続くのはまずい。「もし、今度もうまくいかなかったら……」という不安から、余計プレッシャーを感じてしまうからです。

また、EDの状態が長く続くと、回復にも時間がかかることが多いです。勃起しにくいことが問題ならば活力サプリメントに頼りましょう!  

男性不妊の割合

rate


世界保健機関(WHO)の不妊原因調査(7273組)では、原因が女性のみの場合が41%、男性のみ24%、男女とも24%、原因不明11%だといいいます。

ここから計算すると男性不妊の割合は48%、約5割です。

また男性不妊の原因別の割合は平成27年度におこなわれた厚生労働省の男性不妊調査によると、造精機能障害(精巣の障害のために精子を作りづらい)82.4%、性機能障害(EDや射精障害)13.5%、精路通過障害(精子の通り道がなんらかの原因でふさがっている)3.9%とされています。

男性不妊を詳しく調べるには精液の検査が欠かせなません。男性に精液を出してもらうため、きれいな個室を備えた医療機関も増えているそうです。それでも、男性が検査に消極的なカップルは少なくないといいます。

精液検査は簡単で、女性に比べ体の負担は少ないです。もっと男性が検査に積極的になってもいいと思います。

精索静脈瘤のある男性の精子形成不全と治療

image_19

精索静脈瘤は精巣の静脈に血液が逆流しているために、細い静脈が拡張して「こぶ」のようになっているものです。陰嚢上部での蔓状静脈叢がふくれ、うっ血している状態を指します。

思春期より後の男性によく発生する病気で、この精索静脈瘤は、不妊治療で受診する男性では25~40%に認められますが、一般男性においても約10~15%に存在するものです。

自覚症状を訴える方は比較的少ないですが、中には陰嚢部の違和感や鈍痛、陰嚢の腫大、腫瘤を自覚される方もおられます。

実際に、男性不妊症の患者さんにおいての頻度が高いことから、静脈瘤を治療すれば精液所見は改善し、子供ができやすいと考えられます。

解剖学的に見て、精索静脈瘤はほとんどが左側にだけ発生します。なぜなら左内精索静脈は左腎静脈に還り、右内精索静脈は下大静脈に還ります。この違いが、左側にのみ血液の逆流が起こり、精索静脈瘤が発生しやすい理由なのです。

精索静脈瘤のある男性に精子形成不全が起こるメカニズムは完全には解明されていませんが、腎、副腎の代謝物の精巣への逆流、血流のうっ滞による精巣内の低酸素状態や陰嚢内の温度上昇、また下垂体-精巣系に関する内分泌(ホルモン)異常などを原因とする説があります。

実際に、精索静脈瘤によく見られる精巣温度の上昇は、精子形成におけるDNA合成能力や精細胞の減数分裂能を低下させることがわかっています。

精索静脈瘤の診断は、立ち上がった状態で腹圧をかけていただき、陰嚢を触診し、精巣の静脈が太くふくれているかどうかを診ます。診断を確定するためには陰嚢の超音波検査(エコー検査)を行い、静脈への血液の逆流または静脈の拡張を確認します。

静脈瘤はその程度によって、触診でグレードーから3に分類されます。また、触診ではわからないものの超音波検査で診断できる静脈瘤を、サブクリニカル静脈瘤といいます。

プロフィール

NABE JYUN 男性不妊専門医

北九州の病院の泌尿器科で男性不妊専門医として働いています。男性不妊の原因や治療法などをブログで紹介していこうと思います。よろしくお願いいたします。

北九州の病院の泌尿器科で男性不妊専門医として働いています。男性不妊の原因や治療法などを紹介していこうと思います。よろしくお願いいたします。
ギャラリー
  • EDの薬の種類、バイアグラ、男性不妊のサプリ
  • 男性不妊の割合
  • 精索静脈瘤のある男性の精子形成不全と治療
  • 男性不妊の体験談
  • 男性不妊の検査 問診
  • 正しい精液採取方法
  • 男性不妊とタバコの関係
  • 抗酸化食材で精子を元気に
  • EDの原因、排卵日EDについて